ワーママじゅうの子育てブログ

6歳と2歳の男の子のワーキングマザーです。読み聞かせ絵本、時短料理、育児用品についてなど。

読み聞かせ〜番ねずみのヤカちゃん、のりものたくさんの絵本

 

番ねずみのヤカちゃん

(リチャード・ウィルバー 作、松岡享子 訳、大社玲子 絵)

福音館書店

 


番ねずみのヤカちゃん (世界傑作童話シリーズ) [ リチャード・ウィルバー ]

声の大きいねずみのヤカちゃんは、

お母さんとお兄さんたちと、人の家にこっそり住んでいます。

ヤカちゃんの声が大きいせいで、家の主人にネズミの存在がバレてしまいます。

主人はねずみを捕まえようと、あの手この手を試しますが、捕まえられません。

ある晩、家に泥棒が入ってきます。

声の大きいねずみのヤカちゃんが大活躍!

長いお話ですが、6歳の長男は楽しんでお話を聞いていました。

(6歳長男 読み聞かせ)

 

・でんしゃ しゅっぱつ

(作 視覚デザイン研究所、絵 くにすえ たくし)

株式会社視覚デザイン研究所

 


わくわくでんしゃしゅっぱつ (視覚デザインのえほん) [ 國末拓史 ]

町から電車に乗って、やまの駅までお出かけします。

この絵本は、乗っている電車以外に、実に様々な乗り物の絵が描かれています。

文に表現されていない乗り物や、たくさんの動物たちの様子も描かれていて、

6歳長男と2歳次男は、いろんなものを絵の中から見つけて、教えてくれました!

(6歳長男、2歳次男 読み聞かせ)